<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

いっさい

 じじょ〜が先日一歳になりました!

なんだか今までじじょ〜の記事が少なかったですね。
やはり(うちだけ?)二人目。
多少のことでは驚かなくなったり、
何かできるようになってもどうしても一度目ほどの感動はなくなってしまい・・・・。

すまん、じじょ〜。
でも愛情はたっぷり!のつもり。

じじょ〜の成長は結構遅くてですね。
じぞ〜も遅かったけど、じじょ〜はもっと遅くて。
一か月ほど前からやっとはいはいができるようになり、
誕生日の少し前からつかまり立ちを始めました。
まあ遅いながらも一応段階を踏んで順調に成長しております。

ついでに離乳食ももんのすごい適当です。
じぞ〜の時は離乳食本を数冊買って、面倒とはいえ試行錯誤してやっていたんですが
今回、もう完全に忘れているくせに一度やったという自負があるためか
本などを全然見ないでやろうとしてしまう。
というか面倒だから?
昼間時間がじっくり取れなかったりするのでもう〜、ね。

やわらかすぎるような、逆にまだ早すぎるかもしれない食物を
あげてきたかもしれまへんが、
よく食べてるし、うんちがちゃんとしていればいいか。
元気いっぱいだからよしとします。


そして最近困っていること・・・。

じじょ〜が動けるようになって、興味の範囲も広がって
じぞ〜が遊んでいるところにちょっかいを出しに行きます。
例えばじぞ〜がペンでお絵かきしているところにじじょ〜がペンを取ろうとしたり。
で、じぞ〜は当然嫌がる。
しかしじじょ〜は嫌がられているのが全然分からず、むしろ
反応してくれることに喜んで余計やる。
で、じぞ〜は怒ってよけたり、じじょ〜をちょっと押しのけたりする。
でもじじょ〜はやめず。
でじぞ〜がぎゃあぎゃあわめきだし、しまいにはじじょ〜も泣きだす。
という感じで要はうるさいんです。

兄弟喧嘩・・・、この先何年こんなのが続くんだろう
(・e・)
momato * こども(ちび) * 23:53 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

ならいごと

じぞ〜、バレエ始めました。
 
四、五月はじぞ〜(というより私?)が幼稚園生活に慣れるのに精一杯で
習い事を始める余裕がなかったのですが、
少しばかり落ち着いてきた六月、いくつか体験教室に参加し、
とりあえずバレエを始めてみました。
 
最初の頃は教室に行ってもやったりやらなかったりで、
途中でちょっと気持ちが折れると私のところに来てぐずぐず。

まあ初めてのところでお友達もいないし、他のお姉ちゃんたちはとても上手に
踊れているのでその中に一人で入っていくのに多少気後れするのも当然だよなあ、
きっと私でもそうだよなあ、だんだん慣れてくるかなあ、と気長に見守ることに。
なんていって実は「ちゃんと踊れたら帰りにアイス食べようよ」とか
言ってつったりもしていましたが・・・。
 
とはいえ、本人は教室に行くのがいやと言ったことは一度もなく、
むしろ「今日バレエ?」と毎日のように聞いてくるのでそのうちなんとかなるかな。
と思っていました。
 
そんなこんなで一か月経った頃のこと、
それまでは私も(じじょ〜も)一緒に教室に付き添って行って始めから終りまで
裾で見ていたので、その日も当然のように私も教室に入ろうとすると、
なんと突然「一人で行くから付いてこないでいいよ」
と言われたのです!
そして教室の入り口で自分から「バイバイ」と言うでは!
よもや私が置き去りにされるとは想像もしていなかったのでびつくり!
出てきた先生にご挨拶をするのを忘れるほどでした。

でも先生も大丈夫ですよと言ってくれたのでお任せすることに。
ちなみに年中さん以上のお姉ちゃんたちも皆親とは入り口でばいばい。
すごいなあ、いつこんなになるんだろう、まだまだ先だろうなあ、と思っていました。
それが早くもその日がっ。

しかし強がりを言ったもののレッスン中泣いていたらどうしようと心配で
早めにお迎えに行き、じぞ〜に見つからないようにそっと覗いてみると
お姉ちゃんたちとじゃれあってすっかり馴染んで楽しそうにやっていました。

レッスンが終わると先生がじぞ〜に気付かれないように入口のところまで来て、
しっかりやっていましたよ、と言ってくれました。
そして、お母さん(私のこと)は教室には入らないで着替え終わって出てくるまで
外で待っていてあげた方が本人も喜ぶと思いますよ
(一人でできたという自信がついて)。
と言ってくれて。
確かにそうだな、と思って外で他のお母様方と待っていたら、
じぞ〜、案の定得意げな顔して出てきました。
 
また一つ大人になったんだなあ〜、としみじみ。
この夏休みに教室もしばらくお休みだったのでどうなるかな、と思いましたが、
明けてからのレッスンでも一人でちゃんと行けました。
毎度「じぞ〜ちゃん一人でバレエ行けた」と自慢してきますが。
 
そして今日、同じ幼稚園のお友達が体験レッスンを受けるということで、
ついでに私も久々に見学させてもらったのですが、びつくり。
じぞ〜、私が見ていた時よりかなり上達していました。
何より顔つきが違って、明るく余裕があるというか、自信ありげな表情。
前は自信なさげで、ちょっとうまくいかないと泣きそうになっていたのに。
 
ほんとに子供ってあっという間に成長するんだなあ、と改めて感じました
(・e・)
momato * こども(ちび) * 23:33 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

しゅうぎょうしき

 じぞ〜の幼稚園一学期が終わりました〜。
 
一学期は皆勤でした!
多分クラスで一人・・・。
風邪が流行った時期もありましたが皆が発熱している中
じぞ〜は鼻水が出たくらいで済み。
 
ちなみに・・・・
じぞ〜は産まれてから突発性発疹にかかった際の一度しか発熱したことがありません。
とお母さん友達に話したら笑われました。
親としてはありがたいし、良いことなんだけど、
元気過ぎてちょっと恥ずかしいわ。
体も鈍感みたいです。
鈍感力ばんざい。
 
その代わり、私は毎日送り迎えしかしていないはずなのに疲れがたまって
一度発熱したことが。
立っているだけでも辛い中、私の都合で幼稚園を休ませるわけにはいかん、と
ふらふらの状態で弁当を作って送り迎えをしました。
じじょ〜を乗せたベビーカーにすがりつくようにして歩き。
あらためて世のお母様方は偉いなあ、と感じました。

でもって最近の自分の体力の衰えに驚いています。
ちょっと睡眠不足になっただけでも覿面に体に出ますんでね。
夏になってからは特に疲れて子供たちと同じ時間に寝てしまいますもの。
としだわ〜
(・e・)
momato * こども(ちび) * 21:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

てづくり

ここ数か月、手芸(はんどめいど?)にはまっています。

縫い物に消しゴムはんこ、エコクラフトなどもかじってみたり。
じぞ〜の髪留めなども作っています。
ついでにお菓子作りもちょこちょこ。
昔講読していた「はんど&はあと」という手芸雑誌もまた購読して。
何作ろうかな〜、と考えるだけでも気分転換になります。


今年の春、じぞ〜の幼稚園入園にあたりミシンを購入し、色々と作ったのがきっかけで
手芸熱が再燃。

もともと小さい頃から母の影響で手芸好きではあって、
ビーズとか、バービーちゃんのお洋服作りとか、簡単な編み物とかはしていました。
全っ然大したものではないですが。

しかしミシンは使ったことがありませんでした。
(中高は家庭科の授業がほぼないに等しかったので。)

じぞ〜の幼稚園用品を手作りするにあたって
いろんな方の幼稚園準備ブログなどをのぞいていたら
「高校以来ミシン使っていません」と書いている人がたくさんいらっしゃったのだけど
そんなレベルにも程遠い・・・。
なにせ触ったこともなかったので。
でもあればなんでも作れそうな「ミシン」へのあこがれは昔から結構なもので。

幸か不幸か、じぞ〜の幼稚園で作る必要のある物は少なかった上に、
幼稚園に依頼すれば作ってもらえる(ただし柄は選べない)。
でも、「手作りがおすすめです。」って言われたし、
やっぱり「親の手作り」ってことが大事なはず。
自分も母の作ってくれたかばんなどは嬉しくて大事に使っていて
今でも柄などもはっきり覚えているし。
と思うとやはり作らなければ!
ということはミシンが必要だ!
とミシンを買う大義名分ができて購入に至りました。

初めてのミシンを前にぼびん?上糸?下糸????
という感じでしたが、付属の説明DVDを繰り返し見て、
なんとか使えるようになりました。
でもそれは私がすごいのではなくてミシンが高機能になっているから。
 
そしてミシンを手に入れたはいいのですが、
じぞ〜の幼稚園で使う物などはすぐ汚れると分かっているのに、
ああしたいこうしたい、というこだわりが出てしまい、
切り替えを入れたい、タグを入れたい、
タグをつけるなら、オリジナルのマークにしたい、
で、消しゴムはんこを彫って作り、
(マークは絵心のない私に代わり兄に頼んで描いてもらった・・・)
生地選びにも時間がかかり、
構想時間も入れたら出来上がるまでに結構な時間がかかりました。

出来上がってみると・・・、
縫い目が曲がっていたりしてへったくそだし、
時間がかかった割には大したことのない物なのだけど、
自分としては満足いくものに仕上がりました。

じぞ〜もとても喜んでくれて、周りの人に「お母さんが作ったの〜」と
未だに言ってくれています。
私は嬉しいけど下手くそで自慢できるものではないので恥ずかしゅうて
心の中で「やめてくれ〜」と叫んでいますが
(・e・)
momato * う〜ん * 22:07 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

おかあさんのうた

じぞ〜、幼稚園生活が始まって(本人曰く「小学校生活」)早三週間。

初日から一度も嫌がったり泣いたりもせず毎日とても楽しそうに通っています。
私は初日はさすがに心配で、送った後も立ち去り難く、後ろ髪を引かれる思いで帰途に。
じぞ〜がいない間、「ちゃんとやれてるかなあ、泣いてないかなあ」なんて
私の方が寂しくなってしまってほろっと。

まあ全く心配無用でしたけど・・・。
泣いているのは男の子の方が多かったかな。今でも。

それにはじめの一か月は午前保育なので送ったと思ったらすぐお迎えの時間で
すぐ再会できるし、その間やることやらなくちゃ、という感じなので
二日目から既に何の感慨もなくばたばたと毎日を送っています。
まだじじょ〜とゆっくり過ごす余裕はなし。

じぞ〜は幼稚園で泣かない代わりに友達を泣かせたり、
教室を走り回って先生に怒られたり
(同じクラスの子が家で話していたらしく、その子のお母さんから聞かされました・・・)
しても意に介せず、やりたい放題です。
想定の範囲内ですがね。

でも友達もたくさんできて、名前も覚えて、皆大好きらしいです(嫌われてないといいけど)。
特に入園式の日にすぐ親しくなったCちゃんが大好きでいつもくっついて遊んでいるそう。

それと、通い始めてからすぐ、なんとなくちょっとした言動が変わった気がします。
しっかりしたというか。ちょっぴりね。
友達に色々影響を受けているのかな。

新しい歌も覚えてきて披露してくれたり。
この間は
「♪お母さん、なあに お母さんていい匂い
 洗濯していたにおいでしょ しゃぼんの泡のにおいでしょ
  お母さん、なあに お母さんていい匂い 
    お料理していた匂いでしょ たまごやきのにおいでしょ」
と歌っていて(歌詞もちゃんと覚えて!)
これ、私も幼稚園で歌ってた〜!と思い出してちょっと感動。
そうかあ、私ってばこういうふうに歌われるお母さんの立場になったんだなあ
(なれてるのか?)とあらためてしみじみ。

とりあえず順調な滑り出しで四月は楽しく元気に通えて皆勤でした。
連休明けからいよいよお弁当が始まるので
朝私がばたばたするのが目に見えています。
どうなることかしら
(・e・)
momato * こども(ちび) * 21:52 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ