<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

いっさい

 じじょ〜が先日一歳になりました!

なんだか今までじじょ〜の記事が少なかったですね。
やはり(うちだけ?)二人目。
多少のことでは驚かなくなったり、
何かできるようになってもどうしても一度目ほどの感動はなくなってしまい・・・・。

すまん、じじょ〜。
でも愛情はたっぷり!のつもり。

じじょ〜の成長は結構遅くてですね。
じぞ〜も遅かったけど、じじょ〜はもっと遅くて。
一か月ほど前からやっとはいはいができるようになり、
誕生日の少し前からつかまり立ちを始めました。
まあ遅いながらも一応段階を踏んで順調に成長しております。

ついでに離乳食ももんのすごい適当です。
じぞ〜の時は離乳食本を数冊買って、面倒とはいえ試行錯誤してやっていたんですが
今回、もう完全に忘れているくせに一度やったという自負があるためか
本などを全然見ないでやろうとしてしまう。
というか面倒だから?
昼間時間がじっくり取れなかったりするのでもう〜、ね。

やわらかすぎるような、逆にまだ早すぎるかもしれない食物を
あげてきたかもしれまへんが、
よく食べてるし、うんちがちゃんとしていればいいか。
元気いっぱいだからよしとします。


そして最近困っていること・・・。

じじょ〜が動けるようになって、興味の範囲も広がって
じぞ〜が遊んでいるところにちょっかいを出しに行きます。
例えばじぞ〜がペンでお絵かきしているところにじじょ〜がペンを取ろうとしたり。
で、じぞ〜は当然嫌がる。
しかしじじょ〜は嫌がられているのが全然分からず、むしろ
反応してくれることに喜んで余計やる。
で、じぞ〜は怒ってよけたり、じじょ〜をちょっと押しのけたりする。
でもじじょ〜はやめず。
でじぞ〜がぎゃあぎゃあわめきだし、しまいにはじじょ〜も泣きだす。
という感じで要はうるさいんです。

兄弟喧嘩・・・、この先何年こんなのが続くんだろう
(・e・)
momato * こども(ちび) * 23:53 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

ならいごと

じぞ〜、バレエ始めました。
 
四、五月はじぞ〜(というより私?)が幼稚園生活に慣れるのに精一杯で
習い事を始める余裕がなかったのですが、
少しばかり落ち着いてきた六月、いくつか体験教室に参加し、
とりあえずバレエを始めてみました。
 
最初の頃は教室に行ってもやったりやらなかったりで、
途中でちょっと気持ちが折れると私のところに来てぐずぐず。

まあ初めてのところでお友達もいないし、他のお姉ちゃんたちはとても上手に
踊れているのでその中に一人で入っていくのに多少気後れするのも当然だよなあ、
きっと私でもそうだよなあ、だんだん慣れてくるかなあ、と気長に見守ることに。
なんていって実は「ちゃんと踊れたら帰りにアイス食べようよ」とか
言ってつったりもしていましたが・・・。
 
とはいえ、本人は教室に行くのがいやと言ったことは一度もなく、
むしろ「今日バレエ?」と毎日のように聞いてくるのでそのうちなんとかなるかな。
と思っていました。
 
そんなこんなで一か月経った頃のこと、
それまでは私も(じじょ〜も)一緒に教室に付き添って行って始めから終りまで
裾で見ていたので、その日も当然のように私も教室に入ろうとすると、
なんと突然「一人で行くから付いてこないでいいよ」
と言われたのです!
そして教室の入り口で自分から「バイバイ」と言うでは!
よもや私が置き去りにされるとは想像もしていなかったのでびつくり!
出てきた先生にご挨拶をするのを忘れるほどでした。

でも先生も大丈夫ですよと言ってくれたのでお任せすることに。
ちなみに年中さん以上のお姉ちゃんたちも皆親とは入り口でばいばい。
すごいなあ、いつこんなになるんだろう、まだまだ先だろうなあ、と思っていました。
それが早くもその日がっ。

しかし強がりを言ったもののレッスン中泣いていたらどうしようと心配で
早めにお迎えに行き、じぞ〜に見つからないようにそっと覗いてみると
お姉ちゃんたちとじゃれあってすっかり馴染んで楽しそうにやっていました。

レッスンが終わると先生がじぞ〜に気付かれないように入口のところまで来て、
しっかりやっていましたよ、と言ってくれました。
そして、お母さん(私のこと)は教室には入らないで着替え終わって出てくるまで
外で待っていてあげた方が本人も喜ぶと思いますよ
(一人でできたという自信がついて)。
と言ってくれて。
確かにそうだな、と思って外で他のお母様方と待っていたら、
じぞ〜、案の定得意げな顔して出てきました。
 
また一つ大人になったんだなあ〜、としみじみ。
この夏休みに教室もしばらくお休みだったのでどうなるかな、と思いましたが、
明けてからのレッスンでも一人でちゃんと行けました。
毎度「じぞ〜ちゃん一人でバレエ行けた」と自慢してきますが。
 
そして今日、同じ幼稚園のお友達が体験レッスンを受けるということで、
ついでに私も久々に見学させてもらったのですが、びつくり。
じぞ〜、私が見ていた時よりかなり上達していました。
何より顔つきが違って、明るく余裕があるというか、自信ありげな表情。
前は自信なさげで、ちょっとうまくいかないと泣きそうになっていたのに。
 
ほんとに子供ってあっという間に成長するんだなあ、と改めて感じました
(・e・)
momato * こども(ちび) * 23:33 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

しゅうぎょうしき

 じぞ〜の幼稚園一学期が終わりました〜。
 
一学期は皆勤でした!
多分クラスで一人・・・。
風邪が流行った時期もありましたが皆が発熱している中
じぞ〜は鼻水が出たくらいで済み。
 
ちなみに・・・・
じぞ〜は産まれてから突発性発疹にかかった際の一度しか発熱したことがありません。
とお母さん友達に話したら笑われました。
親としてはありがたいし、良いことなんだけど、
元気過ぎてちょっと恥ずかしいわ。
体も鈍感みたいです。
鈍感力ばんざい。
 
その代わり、私は毎日送り迎えしかしていないはずなのに疲れがたまって
一度発熱したことが。
立っているだけでも辛い中、私の都合で幼稚園を休ませるわけにはいかん、と
ふらふらの状態で弁当を作って送り迎えをしました。
じじょ〜を乗せたベビーカーにすがりつくようにして歩き。
あらためて世のお母様方は偉いなあ、と感じました。

でもって最近の自分の体力の衰えに驚いています。
ちょっと睡眠不足になっただけでも覿面に体に出ますんでね。
夏になってからは特に疲れて子供たちと同じ時間に寝てしまいますもの。
としだわ〜
(・e・)
momato * こども(ちび) * 21:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

おかあさんのうた

じぞ〜、幼稚園生活が始まって(本人曰く「小学校生活」)早三週間。

初日から一度も嫌がったり泣いたりもせず毎日とても楽しそうに通っています。
私は初日はさすがに心配で、送った後も立ち去り難く、後ろ髪を引かれる思いで帰途に。
じぞ〜がいない間、「ちゃんとやれてるかなあ、泣いてないかなあ」なんて
私の方が寂しくなってしまってほろっと。

まあ全く心配無用でしたけど・・・。
泣いているのは男の子の方が多かったかな。今でも。

それにはじめの一か月は午前保育なので送ったと思ったらすぐお迎えの時間で
すぐ再会できるし、その間やることやらなくちゃ、という感じなので
二日目から既に何の感慨もなくばたばたと毎日を送っています。
まだじじょ〜とゆっくり過ごす余裕はなし。

じぞ〜は幼稚園で泣かない代わりに友達を泣かせたり、
教室を走り回って先生に怒られたり
(同じクラスの子が家で話していたらしく、その子のお母さんから聞かされました・・・)
しても意に介せず、やりたい放題です。
想定の範囲内ですがね。

でも友達もたくさんできて、名前も覚えて、皆大好きらしいです(嫌われてないといいけど)。
特に入園式の日にすぐ親しくなったCちゃんが大好きでいつもくっついて遊んでいるそう。

それと、通い始めてからすぐ、なんとなくちょっとした言動が変わった気がします。
しっかりしたというか。ちょっぴりね。
友達に色々影響を受けているのかな。

新しい歌も覚えてきて披露してくれたり。
この間は
「♪お母さん、なあに お母さんていい匂い
 洗濯していたにおいでしょ しゃぼんの泡のにおいでしょ
  お母さん、なあに お母さんていい匂い 
    お料理していた匂いでしょ たまごやきのにおいでしょ」
と歌っていて(歌詞もちゃんと覚えて!)
これ、私も幼稚園で歌ってた〜!と思い出してちょっと感動。
そうかあ、私ってばこういうふうに歌われるお母さんの立場になったんだなあ
(なれてるのか?)とあらためてしみじみ。

とりあえず順調な滑り出しで四月は楽しく元気に通えて皆勤でした。
連休明けからいよいよお弁当が始まるので
朝私がばたばたするのが目に見えています。
どうなることかしら
(・e・)
momato * こども(ちび) * 21:52 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

ねる

まだ三か月なのになんだかもう長年うちにいるような
ベテラン(?)赤ちゃんのじじょ〜。

そんなに泣かないのでたまに感情的に泣いているのを見ると
余計かわいく思えちゃったり。

いつもぎゃ〜ぎゃ〜騒いでどたばたと飛び跳ねている
めちゃんこうるさいお姉さんの側に寝かされちょっとお気の毒。
そのお姉さんの気が向けばぶちゅぶちゅわしゃわしゃいじくられ
(優しさの押し売り?)、
怒られると落ち込んで枕元にやってくるお姉さんを慰める
0歳3か月児。
ちょっと迷惑そうな顔をしつつもあまり動じず、
貫禄さえ感じられます。

そんなじじょ〜も最近は昼間起きている時間が長くなってきたので
起きているときは、私がじじょ〜を膝に抱っこしたまま
じぞ〜とシルバニアで遊んだり、お絵かきしたり。
気が向いたらじぞ〜も参加してじじょ〜を油でマッサージをしたり。

手が「かからない」んじゃなくて「かけてない」だけなんじゃないかと
私の親にじじょ〜放置疑惑をかけられていましたが、
それなりに相手してますんですよ、ええ。

夜は七、八時間以上寝続けるように。
じぞ〜はこの頃既に十時間以上寝ていたよう。
でもじぞ〜は混合(ミルクたくさんと母乳ちょっと)だからよく寝てくれる
のだと思っていましたが、母乳のみのじじょ〜もよく寝てくれて助かっています。
(母乳よりミルクの方が腹もちが良いといわれているため)

しかし、私のおっぱいが大変なことに。
長時間あげないとぱんぱんに張って痛くなり、それで起きちゃうくらい。
なるべくじじょ〜が起きるまで待ちますが、
痛みが限界になったところでじじょ〜が寝ていても飲んでもらっちゃいます。
無意識でもお腹はすいているのか、目をつむったまま結構飲んでくれるので
なんとかおっぱいもおさまり、私も一安心で眠りにつくという感じ。

私も赤ちゃんの時からよく寝る子だったそう。
ついでにおっとーも。

おっとーはいまだに睡眠力(?)がすごい。
寝付く速さはいつでものび太急。
便器に座ったままでも段ボール敷いた上でも駅のホームのベンチでも熟睡可能。
ある意味羨ましくはあるけれど、
娘たちには真似してほしくないな
(・e・)
momato * こども(ちび) * 23:17 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

おてつだい

最近のじぞ〜のブームはお料理のお手伝い。

まあ本人にとっては遊びの延長なんだろうけれども
お洗濯(干すのとたたむのと)のお手伝いはだいぶ前から
やってくれているのでちょっと上達してきました。
洗濯バサミも使えるようになったり。
セロハンテープ留めもしなくなったり。
たたむのもタオルとかガーゼとか四角いものはそのまましまっても
おーけーのレベルに。

あと掃除機を出してくると必ず
「みーちゃんもお掃除する〜」と言いながら長いコロコロ(粘着テープのあれ)
を出してきてごろごろごろごろ。もうくっつかなくなってるのにごろごろごろごろ。
そして放置。
余計部屋が見苦しくなるんですけど。

そんでもって最近はお料理にやたらと興味をもっているのです。
テレビでもお料理番組は好きで私と二人で見て楽しめるのでなかなかいいもんです。
「これ食べたい〜」だけだったのが「これ作る〜」も言うように。

私が台所にいるとやってきて
「何してるの〜?」
「みーちゃんもやる〜!!!」
と言って自分で台を持ってきて上がって、
材料を混ぜ混ぜしたり、洗いものを水でじゃーとか簡単なことをやってくれています。


最大の利点はじぞ〜が自分で作ったものはよく食べてくれること!
私だけで作ってぽんと出してもおそらくあまり食べなかったであろうものでも
「みーちゃんが作ったのおいし〜」
と言ってばくばく食べます。
この間はにんじん一本分くらいぺろり。
極端だなおい。

まあそんな感じで、私一人でやるより時間はかかるけど、
じぞ〜本人は一生懸命だし、とっても楽しそうなのでやってもらっています。

こうして家事に親しんでもらっておけば、将来私が楽できるぞ・・・ぐふふ。
なんて目論んでいますが、上手にできる年頃になったらやってくれなくなるんだろうな・・・
(・e・)
momato * こども(ちび) * 22:44 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

しるばにあ

 昨年になってしまいますが、クリスマス。

じぞ〜はやっと少し分かるようになったので、
(サンタさんからプレゼントがもらえる日という認識だけど、
まあそこはおいおい・・・)
小さいツリーを飾ったり、サンタの絵本を読んだりして、
うちもすこしばかりクリスマス感を出してみました。
ちゃんとサンタさんも来てくれまして、
今年はアンパンマンのおもちゃが枕元においてありました。

そして、ついに(?)じぞ〜もシルバニアファミリーでびゅー。
じいじばあばにクリスマスプレゼントとして
おうち、うさぎの人形、家具など色々いただいたのです。
 
ついでに私もデビュー。
確か私が小学生位の頃に発売されたおもちゃだと思うのですが、
なぜか購入には至らなかったようで。
友達で持っている子がいて遊んだことがあるようなないような。
当時は「三年二組の仲間たち」という似たようなのもあったけど
いつの間にかなくなったのかしらね。
なんか人形がぺこぺこ(柔らかくて押すと)していた気がするけど今のは結構硬いです。
あと首と体が結構簡単に離れたような。

いただいて以来じぞ〜は毎日欠かさず遊んでいます。
うさぎファミリーを四体いただいたので自分ら家族に割り当てて
名前もみーちゃんうさちゃん、お母さんうさちゃんとか呼んで遊んでいます。
台詞をぶつぶつ言っているのを聞いていると面白いです。
お母さんうさちゃんがみーちゃんうさちゃんに「歯磨きしてねんねしなさい」とか。
君に言いたいね。
 
もちろん私も「うさちゃんのおもちゃで遊ぼう〜」と毎日のように言われます。
おっとーもしょっちゅうお誘いを受けて一緒にごっこをしているのが笑える。
ぷぷ。
 
そして気付くと人形たちは裸になっていることが多い。
あれなんなんでしょ。
服を脱がしては自分でうまく着せられないもんだから私に着せろと言ってくる。

また、恐れていたことですが、
いろんなアイテムがあって楽しくて私の収集魂がくすぐられ、
じぞ〜のお誕生日プレゼントに、という名目で既にいくつか追加購入してしまいました。

小さいパーツ(野菜とか飲み食べ物とか文房具とか)がたくさんあって
もうちょっと大きくなるまで、と閉まっておいたのがすぐに見つかってしまい、
じぞ〜があちこち持って歩くのでなくなっていないかと私の方が気になって
じぞ〜が寝た後にちゃんと全部あるかどうか確認までしちゃったり。

ネットでどんなものがあるか検索して、これもほし〜な〜、あれもほし〜な〜、なんて。
完全に私がはまってます
(・e・)
momato * こども(ちび) * 22:19 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

じじょ〜のちゅうしゃ

また放置してしまいました〜

変わらず元気に暮らしていました。
あ、年末にじぞ〜が風邪をひいて、それがじじょ〜にうつって
ちょっと焦りましたが、二人とも熱は出ず、鼻、咳のみで
わりとすぐ治ったので一安心でした。

兄弟の宿命かもしれませんが、
これからもどちらか一方でもうつる病気にかかったらもう一方にも
うつってしまうのが厄介ですね。

 
そういえば先日じじょ〜の予防接種を受けに行ってきたのですが、
付き添いで来たじぞ〜がそれはもう興味津津で
じじょ〜が注射されるところをじ〜っと見ていました。
自分はやらないのを分かっていたので余裕の顔。
「じじょ〜ちゃん泣いてるの?」とかって先輩風吹かして。

あとでおっとーに「じじょ〜ちゃん注射してえ〜んって泣いた」
と報告していたそうです。
自分だって未だに大泣きするくせに
(・e・)
momato * こども(ちび) * 22:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

せろてーぷ

じぞ〜の夏頃からのブームははさみとセロテープ。
線に沿ってきれいに切れるくらいはさみ使いが上手になり、
セロテープも自分で切って使えます。

はさみで切った紙を再度セロテープで張り付けるという謎の遊びをしたりして
(一応何かの形に作っているつもりらしい)
一人で結構な時間集中して遊んでくれるので助かるのですが、
終わった後は切り刻んだ紙は散乱、あちこちにセロテープが貼ってあり、惨状に。

とにかくセロテープの出番は多く、なぜここに?というところにまで貼ってあります。

地肌。
ぬいぐるみの体中。
テレビの画面(のび太の顔の上に貼って、画面が変わって「あ〜あ」とか言ってる)。
じじょ〜の頭(それも大量に)。
などなど。

また、セロテープは万能だと思っているらしく、
何か壊れたり破れたりしたときにはすぐセロテープを持ってきて
「みーちゃんがセロテープで治してあげるね」と言います。
割れた食べ物もセロテープでくっつけようとし、
洗濯物もセロテープでとめて干してます。

後でじぞ〜が見ていない間にこそっとセロテープ処理をするのが面倒です
(・e・)
momato * こども(ちび) * 01:42 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

あかちゃんがえり

言葉が達者になってきたじぞ〜。
 
先日お風呂でじぞ〜に「な〜にこのおっきいおしりは〜」
と言われて笑いながらも心の中ではちょっとショックを受けてました。
 
また、私が携帯電話を持っていた手を滑らせて
じじょ〜のそばに落として泣かせてしまった時には
「お母さんが電話をあっ、て落としてじじょ〜ちゃんにぶつけたら
じじょ〜ちゃん泣いちゃうからだめなんだからね」
と細かくしつこくねちねち怒られました。
 
ほんとにじじょ〜には優しいじぞ〜。
じじょ〜が泣いているとトントンしながら
「お姉ちゃんがいるからだいじょうぶよ〜」なんて言っています。
「かわいいね〜」とぶっちゅ〜したりじじょ〜の手を無理矢理握り、
「お母さんも」と私にその上から握らせて満足そうです。
優しいのか?いやいつか気持ちが伝わるでしょう・・・。

寝るときは自分と私の間にじじょ〜をおいてほしいというので
最近は三人川の字で寝ています。
その時もじじょ〜にくっついてじじょ〜はちょっと苦しそう。
つぶれたら困るので二人が寝入ってからじじょ〜をベビー布団に移動させていますが。
 
おっぱいあげるの、と言って自分のおっぱいをじじょ〜の顔に近づけたり。
服着たままじゃ無理ですよ。
本人は真剣なのが笑えます。
 
しかし、先日のこと。
私がじじょ〜におっぱいをあげているのを見て自分も吸ってみたくなったらしく、
「こっちはじじょ〜ちゃんの。こっちはみーちゃんの。」
と言ってあいている片方を飲ませろと言ってきました。
「ぬ?もしやこれは赤ちゃん返りでは?!」と思いつつ、
まあいいか、とあげたのですが、
ちょっと吸ってふーん、という感じの反応。
どうやらおいしくなかったようです。

ずいぶん冷めた赤ちゃん返りだ
(・e・)
momato * こども(ちび) * 00:07 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ