<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< でました | main | じじょ〜 >>

おねえさん

赤ん坊が生まれてから三週間ほど経ちました。

今回は里帰りはせず、退院してから自宅に戻っています。

じぞ〜と赤ん坊との三人での生活はどんなもんかなあ、まあなんとかなるだろう。
と楽観的に考えていましたが、実際なんとかなっています。

二人目は手がかからないという巷の噂。
これが本当なんだなあと実感。
ずっと寝ていて腹が減った時だけ泣いて訴えるのでその時対処して
あとはほったらかしです。

じぞ〜の時もそこまで大変ではなかったですが、
泣きやまなくて困ったことがあったのは覚えています。
しかし今回はそんなこともなく、逆に心配になるくらい。

じぞ〜が真横ででかい声で歌っていようがどたばた踊っていようがお構いなしです。
腹の中にいる頃から聞き慣れていたからでしょうか。
きっと私の声よりじぞ〜の声の方をたくさん聞いていたと思われますのでね。
むしろ落ち着く?


ちょっと心配だったのはじぞ〜が赤ちゃん返りをしないかということ。
いやするだろうと覚悟していました。

ところがどすこい。
能天気なのか何なのか、幸い今のところま〜ったくその気はありません。

むしろ自分のお菓子を分けてあげたり、おもちゃを見せてあげたり、
高い声で、「かわいいね〜」といいながら頭をなでなでに頬ずり。

それからおむつ替えやお風呂入れなどのお世話を手伝ってくれたり、
赤ん坊が泣くと、「お母さん!赤ちゃん泣いてる!おっぱいあげて!」
私がしばらくほっておくと「早く!」と怒り、
くしゃみをすれば「赤ちゃんくしゃみしてるよ!」といちいち報告してくれます。

でも、たまたま赤ん坊の手がじぞ〜の服に触れてしまった時には
「これはみーちゃんの服だから、だめだよ赤ちゃん」
と真剣に赤ん坊に注意していたのは笑えました。

たまに授乳用クッションを自分の膝に乗せて
「みーちゃんもおっぱいあげる〜」と言うので赤ん坊を乗せてあげると
「重い〜」と笑いながら言ってギブアップ。

寝る時、先にじぞ〜を寝室に連れて行こうとすると
「赤ちゃんも一緒に行くの〜」と泣きそうになったり。
授乳用クッションを持ってきたかどうかもチェックされます。

この姑に近いくらいのお姉さんぷり。
赤ちゃんがおもちゃ感覚で最初だけかな、と思われたのですが、
今のところずっとこんな感じです。

本当は嫌じゃないのかなあ、と気になったりしましたが、
お絵かきのとき、
「これはお父さん、これはお母さん、これはみーちゃん、これは赤ちゃん」
と赤ん坊も描いていて、ちゃんと家族の一員として認めているようなので、一安心。

優しいお姉さんになってね
(・e・)
momato * こども(ちび) * 21:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ